チャップアップとフィンジア|両者の比較と育毛剤選びのポイント!

チャップアップと並んで、最近話題の育毛剤がフィンジアですよね。
育毛剤選びで悩んでいる人の中には、

 

「チャップアップとフィンジアならどちらを選ぶべき!?」

 

と、頭を悩ませている人も多いはず。

 

そこで、チャップアップを選ぶべきかフィンジアを選ぶべきかで
悩んでいる人に育毛剤選びのポイントをご紹介します。

 

フィンジアの特徴は以下の3点に集約されます。

 

  • キャピキシル5%配合
  • ピディオキシジル2%配合
  • ゲートアクセス理論に基づくカプサイシン配合

 

 

キャピキシル?ピディオキシジル?ゲートアクセス理論?

・・・

 

何やら難しい言葉が並びますよね。
それぞれどういった効果があるのかがイマイチ分からないところです。

 

そこで、これらの成分がどういった働きをするか
分かりやすく簡単に説明しておきます。

 

キャピキシルというのは、カナダの会社が開発した育毛成分で、
ここ最近の育毛剤に使われだした成分です。

 

具体的にどういった効果があるかというと、
髪を作り出す毛母細胞、毛乳頭細胞といった毛包細胞を活性化し、
それに加えて5αリダクターゼ酵素の還元作用を阻害します。

 

男性型脱毛症、AGAの原因とされる活性型男性ホルモンDHTは、
5αリダクターゼ酵素の還元作用によって産生する成分。

 

キャピキシルにはこの5αリダクターゼ酵素の働きを抑え、
活性型男性ホルモンDHTの発生を抑える効果もあるのです。

 

続いてピディオキシジル

 

ピデォオキシジルの効果を一言で言えば血流の促進。
頭皮の血流を促進することで毛細血管の隅々まで血液を行きわたらせ、
弱った毛根を活性化する効果があるのです。

 

血流促進で有名な成分に、リアップやロゲインに含まれているミノキシジル
という成分がありますが、ミノキシジルは頭皮のかゆみ、炎症といった副作用がつきもの。
ピディオキシジルはミノキシジルと同等の血流促進効果があることに加え、
副作用が少ないことで知られています。

 

最後にゲートアクセス理論

 

これは簡単に言えば固い頭皮を柔らかくし、
育毛有効成分をより奥に浸透させる理論と考えてください。

 

どれだけ優れた有効成分を含んだ育毛剤も
成分が頭皮の奥に浸透しなければ効果は得られません。

 

ゲートアクセス理論というのは頭皮に柔軟性を持たし、
育毛有効成分をより浸透させる理論と考えてください。

 

キャピキシル、ピディオキシジル、ゲートアクセス理論・・・
フィンジアには難しい言葉が使われていますが、
超カンタンにそれらの効果を表現すると以下のようになります。

 

  • キャピキシル・・・毛包細胞の活性化、5αリダクターゼの阻害
  • ピディオキシジル・・・頭皮の血流促進
  • ゲートアクセス理論・・・育毛成分をより浸透させる

 

これで、育毛剤フィンジアに含まれる有効成分とその効果効能が
理解できたと思います。

 

さて、重要なのはここからです!

 

これから育毛剤選びを始める人、
これから育毛剤の使用を始める人の中には、

 

「フィンジアとチャップアップならどちらを選ぶべきなの!?」

 

と頭を悩ませている人がいます。

 

フィンジアには、他にはない育毛有効成分が含まれているし・・・
チャップアップは、数年前からよく売れている育毛剤だし・・・

 

一体どちらを選べばいいの!?

と悩んでいる人もいると思います。

 

どちらの育毛剤が優れていて、どちらの育毛剤が劣っている、
というのは一概に言えませんが、悩んでいる人にアドバイスしておきます。

 

育毛剤を選ぶ上で最も重要な事は、

自分の髪トラブルの原因を知る

ということです。

 

自分の髪トラブルの原因を知った上で、その原因の対処に最も効果的なものを
選ぶことが育毛剤選びで最も重要な事と言えます。

 

薄毛、抜け毛の原因は人それぞれですが、
その原因を大きく分けると以下4つになります。

 

  • 頭皮環境の悪化
  • 頭皮の血行不良
  • 毛根への栄養不足
  • 男性ホルモンの影響

 

これ以外にもあると思いますが、
薄毛で悩む人の主な原因を挙げると上記4点になります。

 

フィンジア、チャップアップ、いずれも優れた育毛剤であることに
間違いはありませんが、細かな効果効能は異なります。

 

頭皮環境の改善力、血行促進、毛根への栄養補給力、男性ホルモン対策、
という点でフィンジアとチャップアップを比較すれば以下のようになります。

 

特筆すべき違いは、「血行促進力」「男性ホルモン対策」です。

 

フィンジアはピディオキシジルという、ミノキシジルと同等の血行促進力を持つ
有効成分が配当されています。

 

チャップアップにも血流改善を目的とした有効成分はたくさん含まれていますが、
ピディオキシジルは含まれておらず、血行促進効果という点では
フィンジアにわずかに軍配が上がります。

 

もう1点重要な特筆すべき違いが「男性ホルモン対策」です。

 

フィンジアには5αリダクターゼ酵素の働きを抑えるキャピキシルが含まれているものの、
キャピキシルによる5αリダクターゼ酵素の阻害力は強くありません。

 

キャピキシルはあくまで毛包細胞を活性化することを第一目的とする成分で、
5αリダクターゼ酵素の阻害効果は二の次というのが正直なところです。

 

男性ホルモン対策、5αリダクターゼの阻害効果で両者を比較すると、
圧倒的にチャップアップに軍配が上がります。

 

チャップアップはオウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキスの
4つの有効成分が含まれており、それぞれが相乗効果を発揮して
5αリダクターゼ酵素の還元作用をブロックします。

 

男性ホルモン対策で比較すれば圧倒的にチャップアップに軍配が上がります。

 

毛根への栄養補給効果で比較した場合もわずかにチャップアップに軍配が上がります。
チャップアップには髪の原料となるアミノ酸が13種も配合されており、
髪を作り出す栄養素を補給するという観点で高い力を持っています。

 

フィンジアにしろ、チャップアップにしろ優れた育毛剤であることに変わりありませんが、
細かな効果効能で比較した場合に違いがあるというわけです。

 

あなたの薄毛の原因が頭皮の血行不良に限定されるものであれば、
血行促進効果がチャップアップより高いフィンジアを選べば問題ないでしょう。
もちろんチャップアップにもそれなりの効果はありますが。

 

あなたの薄毛の原因が頭皮の血行不良に加えて男性ホルモンによるものであったり、
毛根への栄養補給にも力を入れたいのであればチャップアップを選べば問題ないでしょう。

 

どちらが優れているというわけではなく、
どの効果効能を重要視するかで育毛剤を選ぶのが賢明な選択だというわけです。

 

「CHAPUP チャップアップ」